ニュース

山口の消防学校の場所はどこ?なぜ?溺死か?立ち泳ぎで溺れ男子学生死亡

山口県

7月10日午後3時ごろ、山口県にある消防学校で水難訓練をしていた時に21歳の男子学生が溺れ死亡する事故が起きました。

水難訓練で50人の学生が参加しており、水面から顔を出して泳ぐ「立ち泳ぎ」を練習していたそうです。

気付いた教官や学生がすぐ救助したそうですが、溺れた男子学生は11日の朝に死亡が確認されたそうです。

ではこの事件について見ていきます!

山口県の消防学校で男子学生が溺れ死亡する事故が起きる

山口市の消防学校で10日、水泳の訓練中、21歳の男子学生が溺れて亡くなる事故がありました。

山口県などによりますと10日午後3時ごろ、山口市にある県消防学校の屋外プールで、水難救助の訓練をしていた男子学生が溺れました。

気づいた教官や学生がすぐに引き上げ、心臓マッサージをして病院に搬送しましたが、11日朝、死亡したということです。

プールの深さはおよそ2メートルで、学生は水面から顔を出しながら立って泳ぐ「立ち泳ぎ」の訓練をしていました。

当時、プールではおよそ50人の学生が訓練に参加していて、6人の教官がプールサイドで指導・監視していました。

学生の体調に異常はなかったということで、警察は死因の特定を進めると共に、業務上過失致死の疑いも視野に、事故の原因などを詳しく調べています。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/196d7bb2edc77aae5c65e95a2105d01ff2f57973

事故が起きた山口県の消防学校の場所はどこ?

水難訓練中に死亡事故が起きたことについて世間の声

問題は50人の学生に対して監視が6人だけということ。
訓練は安全第一を掲げてるんですよね?
これは致し方ない事故ですか?
水難訓練なめてるんですか?
口だけの安全管理なんてもう本当にやめて下さいよ。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
これって、水中から溺れてるかは監視してないから発見に遅れるんじゃない?目の前の人が溺れてて、尚且つ救えないなら教官含めそのレベルだって事だな
人を助ける仕事につきたいと高い志を持って入学したと思います。ご両親はそのようなお子さんをきっと誇りに思っていたことでしょう。
しっかり監視が出来ていなかったってこと?溺れてるのに気づかなかった?教官たちは、どんだけ水難救助に長けてたかしらないけど、死なせたらダメだ。
ついに本物!と話題のヤセ菌ダイエット

自粛太りから抜け出せない方必見!

↓ ↓ ↓

“おいしい”ヤセ菌ダイエット

-10キロ ダイエッターサポート!

初回500円で定期購入縛り無し!