ニュース

臼杵祇園まつり2019【事故の真相・原因】山車のスピードは?動画で見ると…やばい!

臼杵祇園まつり

大分県臼杵市で事故が起きました!

先日は別府市で「銀行強盗」&「別府駅爆破予告」が起きたばかりですが、またも大分県の名前を全国ニュースで聞くことになるとは…

今回は祭りで使われる山車(だし)に轢かれて男性が死亡しました。

楽しいはずの祭りが一変、空気が変わりました。

 

臼杵祇園まつり事故【2019】山車に轢かれて男性死亡

12日夜、大分県臼杵市で行われていた「臼杵祇園まつり」で、男性が山車にひかれて死亡する事故があった。

警察などによると12日午後8時20分ごろ、臼杵市で開かれていた「臼杵祇園まつり」で、男性が山車にひかれた。ひかれたのは臼杵市内に住む介護士の河村辰彦さん(54)で、病院に運ばれたが、その後に死亡が確認された。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190713-00000030-nnn-soci

亡くなられたのは大分県臼杵市在住の河村辰彦さんです。

54歳でも祭りに出られていたということで、毎年この祭りを楽しみにされていたのではないでしょうか?

残念な事故が起きてしまい胸が苦しいですね…。

 

臼杵祇園まつり 河村辰彦さんはどんな人?

 同消防本部やまつりの実行委員会によると、河村さんは山車のグループを統括する「宰領(さいりょう)」で、山車の前を歩いて方向を指示して先導していた。

引用元:https://mainichi.jp/articles/20190712/k00/00m/040/379000c

宰領(さいりょう)というものを初めて聞いたのですが、山車のグループを統括する立場だったのですね。

中々任せてもらえるポジションではないでしょうから、河村辰彦さんは祭りでは主役的な立ち位置の方だったんじゃないでしょうか?

坂上忍逮捕されていた!

 

山車(だし)とは?臼杵祇園まつり2019

山車は、日本で祭礼の際に引いたり担いだりする出し物の総称。花や人形などで豪華な装飾が施されていることが多い。地方によって呼称や形式が異なり、曳山・祭屋台などとも称される。神幸祭などの行事では、この山車が町の中をねり歩き行列となることもある。 厳密に言うと、山の形状を模したり、上に木を立てて山の象徴としたものを「山」。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E8%BB%8A

神輿とは違って、担ぐものではなく、タイヤがついていて人力で引くものになります。

かなり重たそう….。

現職議員大問題!リコーダーを舐めていた!

 

臼杵市祇園まつり2019の事故当時の様子

 

事故現場の様子です。急ブレーキは掛けられないですよね。

祭りの楽しい空気が一変したことが伝わってくるようです…。

ヤフオクで禁止出品物の閲覧禁止の冊子が出回る!超高額取引に!

 

臼杵祇園まつり 山車のスピードはどのくらい?

こんなスピード早いんですね!

自動車よりも大きいですし、人もたくさん乗っていて重たいので轢かれたら一たまりもありませんね。

54歳男性がスカートを履いてチアリーディングしていた

 

臼杵祇園まつり事故の真相・原因は?

午後8時20分ごろ、2台の山車が速度を上げてすれ違う「辻出会い」があり、その際に転倒し、ひかれた可能性があるという。

実行委などによると、山車は高さ約5メートル、幅約2メートル、長さ約8メートル。木製の車輪で走る。山車の上に男衆が十数人乗り、重さは数トンあるという。

引用元:https://mainichi.jp/articles/20190712/k00/00m/040/379000c

転倒されたことが原因ではあるのですが、上の動画を見てもらえればわかるように、とても早いし重たいです。

数トンあるのですね…。あの巨体ですのでトラックに轢かれるのと変わらないほどの威力だと思います。

 

辻出会い|臼杵祇園まつり事故の原因

 

河村辰彦さんは、この辻出会いの時に転倒してしまわれたそうです。

誰かが転倒しても山車は急に止まることは出来ません。

怖いですね。今まで同様の事故は起きなかったのでしょうか?

 

臼杵祇園まつり中止する?しない?20日まで継続

臼杵祇園まつりは、360年以上続いている大分県の『指定無形民俗文化財』として長年多くの方が楽しみにされてきた祭りです。

7月20日まで継続する予定の祭りでしたが、残念なことに死人が出ては継続は難しいでしょう。

この日の為に準備をしてきたり、練習もたくさん行われてきたのでしょうが、来年の開催があるのかどうかはよくあわかりませんが、開催の際は今回のような事故が起きないことを祈ります。

警察の不祥事!副業で1500万円荒稼ぎしていたことが発覚!

 

※続報!お祭り自体は中止にならないようです。

 

臼杵祇園まつり事故発生後も継続確定!

7月12日(金)、20時20分ごろ、臼杵市辻ロータリーにて行われた「曳き出し」の

行事において死亡事故が発生いたしました。

これを受けて7月13日(土)10:00より臼杵商工会議所にて関係者で緊急協議した結果、今後の対応等について下記の通り決定しましたので報告いたします。

臼杵祇園まつりは、一部自粛の上、「神事」のみ行います。

死亡事故の重大性を考慮し、山車の運行及び神事に関わらない部分の行事を自粛する形で、お祭りを実施することに決定しました。

神事を含む「臼杵祇園まつり」の全ての行事を中止するのではなく、一部を自粛した上で、神事のみを粛々と行います。

また、大分県指定無形民俗文化財を保護するという観点から、「臼杵祇園まつり」そのものを取りやめるべきではないとのことで関係者の意見が一致しました。

引用元:http://usukicci.jp/topics/1834

ワイワイする祭りの楽しい部分は無くなりましたが、神事自体は継続して執り行われるとのことです。

本来の祭りの目的は神事ですもんね。

現代はにぎやかな方がお祭りのメインになっていますが….。

 

臼杵祇園まつりの練習風景

 

祭りの方達って、すごいテンション高く参加自体を楽しまれていたり、息ぴったりだったりしてすごいですよね!

各々仕事もあるでしょうが、夜に集まって練習している姿は結構知らない人が多いのではないでしょうか?

 

臼杵祇園まつり以外にも山車の事故は多い!

 

祭りは激しいですね…。

お祭りは楽しくて子供の頃から大好きでしたが、祭りになると気性が荒くなる人達も多いので熱気に圧されてしまったりします。

ボーリング工事がトンネルを突き破って特急列車に貫通の大事故!

 

 

【裏ワザ】動画・漫画を無料視聴しよう!
VODランキング

映画やドラマ、アニメに限らず今は雑誌や漫画もスマホ・パソコン・テレビで見放題です!!

しかし!!
「サービスが多過ぎてどれがいいのかわからない」

「解約のやり方が難しそう・忘れそう」という方には必見なお得情報です!!