事件

父親は何をしていた?高橋冴季が夫の連れ子に虐待した事件|脳に重い障害を負う

福岡 虐待

2017年9月に埼玉県草加市の自宅で、母親である高橋冴季容疑者が長男の背中を突き飛ばし長男は頭を壁に打ち付け脳に重い障害を負った事件の判決公判が25日行われました。

判決は懲役6年でした。

夫の連れ子に回復困難な障害を負わせたった6年で罪を償うなんて短すぎる!!とネットの声が相次いでいます。

ではこの事件について見て行きます!

埼玉県草加市の自宅で4歳の長男に虐待し回復困難なケガを負わせる

埼玉県草加市の自宅で2017年9月、長男の背中を突き飛ばし重体となるけがを負わせたとして、暴行と傷害の罪に問われた母親の無職高橋冴季被告(27)の判決公判が25日、さいたま地裁で開かれ、一場修子裁判長は懲役6年(求刑・懲役9年)を言い渡した。

母親に股間を蹴り上げられた6歳男児、重体に 突き飛ばし、頭を壁にぶつけさせる暴行も

判決理由で一場裁判長は「本件で当時4歳の長男は、脳機能に著しい障害を負った。生涯にわたり回復は難しく、傷害罪としてこの上なく重大」と指摘。長男は夫の連れ子で、突然母親になり、育児に悩んでいたことなどがあったとしても、「友人から何度も忠告を受けたり、児童相談所に一時保護されたにもかかわらず、虐待を継続させた。その意思決定は相当に強い非難に値する」と述べた。

判決によると、高橋被告は17年2月、長男の胸を両手で突き飛ばして床に転倒させ、同9月には、長男の背中を両手で突き飛ばし、頭を壁にぶつけ急性硬膜下血腫の傷害を負わせた。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/3d824a7a3cf369990def598bad845597a905fc46

事件が起きた埼玉県草加市の自宅の場所はどこ?

埼玉県草加市新栄4丁目の自宅で事件は起きました。

高橋冴季容疑者の顔画像は?

高橋冴季容疑者についての情報が詳しく書いているのでこちらをご覧ください。

高橋冴季の顔が判明か?!長男に殴る蹴るの暴行を加えた悪魔!!

高橋冴季の夫は?

ネットでは旦那は何してたの?というコメントが沢山ありますね。

高橋冴季容疑者が育児で悩んでいる時、もし夫が気付いてケアしてあげれば長男も亡くなることはなかったかもしれないのに・・・

たった4歳でいきなりこの人がママですなんて言っても、困惑するだろうにその人に殴ったり蹴られたりしてとても怖かったと思います。

しかも暴行が一回ではなく何度かあり長男は一時保護されていたこともあるそうなので、その時に夫が何か動いていれば結果は変わったのに・・・たらればですけどそう思っちゃいますよね。

長男に虐待して思い障害を負わせた母親に対して世間の声

懐かない連れ子ってものすごくストレスになりそうだけど、だからと言って虐待しちゃいかんよね
苦労もひっくるめて対応する覚悟がないなら、連れ子のいる人とお付き合いすべきじゃないと思うよ
実の子だって、子育てには相当な忍耐が必要。子連れ再婚、それも相手に子育て経験がない場合は、特に慎重にならないとダメだよ。
親は子どもをあてがえば親になるのではなく、子どもと関わることで親に育っていく。
子供との相性を一番に考えて再婚してほしい。自分の欲を先行するあまり弱い子供が犠牲になる、子供はペットじゃないよ、生んだ生ませた事に責任を持ちましょう。
他人の子を育てるには、相当の覚悟と人としての器が必要。そんな覚悟や人間力も無いのに簡単に再婚した挙句の虐待事件。
おねしょは叱ったり怒鳴ったり叩いたりして治るものではありません。
自分の子だったらまた違ったんだろうなー
好きな男性のタイプ1位は清潔感!