不祥事

警察官の職権乱用!汚職警官が副業で1500万荒稼ぎ!名前は?何した?

不祥事

また警察官の不祥事が起こりました。

最近立て続けに「逃走犯」が出て、警察への信用という風当たりが強くなっていますが、今回は警察幹部が起こした不正案件のニュースが上がってきました。

警察幹部が副業で昇任試験の問題集づくりに協力していたとして問題になっています。

もちろんただ協力するだけなら問題無いのでしょうが、高額の報酬を受け取っていたことが大問題となっています。

 

警察幹部が副業で荒稼ぎ!昇任試験問題集を作成!

 

この投稿をInstagramで見る

 

しゅうしゅう☆teamれなっち親衛隊長☆川端組親衛隊長☆さん(@kaitaihan)がシェアした投稿

 全国の警察幹部らが、昇任試験の対策問題集を出版する会社からの依頼を受け、問題や解答を執筆して現金を受け取っていたとして、警察庁が警察幹部らを処分する方針を固めたことが11日、分かった。

警察関係者によると、大阪府警の男性警視正は、少なくとも出版社側から1500万円以上を受け取っていた。ほかに、他府県警の幹部も多額の現金を受け取っていたという。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000504-san-soci

そんなにもらえるの!やばっ!
警察幹部ウハウハだな!現場の警官は命がけの中、キャリアは楽してぼろ儲けかよ!?

 

警察幹部が副業で1500万円もらえた問題集とは何?

 昇任試験問題は、各警察が部内資料などを基に作成する。同社関係者は「警察内部の通達や規定は公表されないことが多い。捜査など実務に関する設問を自前で作るのは難しく、警察官に依頼した」と証言した。

同社は09年設立。昇任試験の対策問題集「KOSUZO」(コスゾー)を毎月発行し「全国版」と、兵庫など10道府県警に特化した「県版」がある。市販はしておらず、兵庫県警では見本や注文票を一部職場に置くなどし、購読料は給与から天引きできる。民間調査会社によると、同社は社員20人程度。販売部数は不明で年商数億円とみられる。

引用元:https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201901/0011961719.shtml

昇任試験の問題集を外部がつくるのは難しいですから、問題をつくる側の人間に問題集をつくってもらうのが簡単ですよね。

しかもつくれば警察官が自動で給与天引きで購読してくれるなんて独占状態のおいしすぎる市場ですから、大金を払ってでもつくってもらう価値はあったのでしょう。

それにしても高額な執筆報酬ではありますが…。

昇任試験を受ける警察官に購読するように圧力を掛ける役目もあったのかもしれませんね。

 

警察幹部が副業で荒稼ぎして批判殺到!

はぁ。また警察なんかやらかしたのかよ。

お手本なるべき存在の警察官が何やってんの?

大金もらえてうらやましいわ。

警察じゃなくて一般企業の人間だったら何の問題もなかったんだろうけど、警察ってだけでめっちゃ叩かれてるwどんまい!

そんなに執筆料もらえるのおかしくない?

いくらなんでも高すぎでしょ?絶対部下に購読するようにすすめろって出版社からいわれてるやつじゃん!

警察幹部てwお偉いさんでしょ?いいなぁ。さぞいいご身分ですね