未分類

2019年6月2日はプロポーズの日!ジューンブライドをつかもう!

結婚
トレンドJAPANATION
トレンドJAPANATION
みなさん、こんにちは^^
ジューンブライドあこがれますよね~
2019年は6月2日が『プロポーズの日』です!

 

ジューンブライドって何?

「ジューンブライドって単語自体は有名だけど今更聞けない!」って人の為に意味や由来を紹介していきますね!

  • ジューン(June)=6月
  • ブライド(Bride)=結婚

つまり、直訳すると6月の結婚ですね!

 

ギリシャ神話の神で、全知全能の神ゼウスは有名なのでご存知の方が多いと思うんですが、その妻であるヘラが6月を守護しているということが由来して、ヨーロッパでは6月に結婚すると生涯幸せに暮らせるという言い伝えがあるそうです!

素敵ですよね^^
ジューンブライドに憧れる方も多いはず!

 

6月2日はプロポーズの日!

ジューンブライドにもちなんででしょうが、6月の第一日曜日は『プロポーズの日』という記念日になっています^^

2019年は6月2日が『プロポーズの日』です!

 

ジューンブライドのイメージって、『結婚式』だと思うんですよね!

私もそう思い込んでいましたが、結婚式だけでなく、『入籍』もジューンブライドに該当するそうなんですよ^^

最初はプロポーズの日といってもプロポーズしたその月に結婚式は無理があるだろうなんて思っていたんですが、入籍でもOKということですので、その点は安心ですね^^

 

ジューンブライドをつかもう!

ジューンブライドは入籍でもOKということではありますが、一般的にイメージが強いのは『婚姻届けの提出』ではなく、『ウエディングドレス』ですよね!

ですので、せっかくでしたら今年の6月に無理矢理ダメ元でプロポーズして入籍なんて焦るんじゃなくて、しっかりと関係を高めて焦らずにプロポーズをして、来年の6月に結婚式を挙げられるように計画していきましょう!

ジューンブライドにはあこがれますが、実は日本では結婚式場によっては6月は予約が取りやすい月なんですよ!

意外ですよね?
それは、やはり雨が降りやすいからなんです…。

 

ですが、ハワイやヨーロッパでしたら6月は乾期に入っていますので、海外ウエディングもオススメですよ^^

日本でやるにしても半年以上前から準備を進めるのが普通なので、当日の天気は運次第です!

6月の挙式を考えているなら、雨が降っても大丈夫なように天候に左右されない式場を選択しましょう!

その場合はそういう式場は人気ですので予約はお早めに!

トレンドJAPANATION
トレンドJAPANATION
え?相手がいない?
….そっか…。ごめん…。