炎上

痴漢に安全ピンが炎上!真相は?鍼灸師のTwitterは?警察も?

警察
トレンドJAPANATION
トレンドJAPANATION
みなさん、こんにちは!
『痴漢撲滅の黄色い安全ピン』ご存知ですか?
賛否両論あり、警察沙汰にもなっています!

『#黄色い安全ピンを痴漢撲滅のシンボルに』というハッシュタグでTwitterで話題になったのですが、安全ピンを痴漢に差すのはやめるようにという呼びかけで炎上したことが話題になっています。

 

痴漢に安全ピンの撲滅運動とは?


Twitterで黄色い安全ピンを痴漢撲滅のシンボルにするという運動があり、3000本もの黄色い安全ピンを配布するということで話題になりました。

欲しいです。通勤用バッグに目立つようにつけたい。
意思表示には、ツイッターを見ない人にも一目で分かるものが適していると思います。その点、安全ピンはわかりづらいと思います。
むしろ痴漢撲滅バッジやピーポくんグッズの方が適していると思います。
私はおばちゃんですが、痴漢も痴漢冤罪も許しません!という意味を込めてつけたいですね。
痴漢騒動があれば、被害者を助けるのは勿論、冤罪の調査の時も証言しますので、痴漢以外の男性も安心して下さい、と伝えたいです。
娘や息子が通学で電車使うようになったとき、安心して乗れるように。

 

痴漢に安全ピンで鍼灸師に賛否両論!?

福岡市内の40代の鍼灸師男性が「感染症の恐れがあるため、痴漢に安全ピンを刺すのは止めて」とツイッターで呼びかけたところ、異論が相次いで誹謗・中傷も寄せられる騒ぎになっている。

 鍼灸師は、ツイッターで反論したうえ、福岡県警に中傷被害の相談をしたことを明らかにした。

■「痴漢やったな?」「性犯罪者」と根拠ない罵倒

 痴漢撃退に安全ピンを使うことは2019年5月中旬にツイッターで紹介され、論議になった。

 その後、「黄色い安全ピン」を痴漢撲滅の意思表示として服などに着けることがツイッター上で提唱され、5月29日には、安全ピンを大量に配るとするツイートが話題になった。これに対し、鍼灸師が翌30日にツイッターで次のように疑問を呈したことで、バッシングが一部から巻き起こった。

 

  「どんな菌がついてるかも判らない針を他人のからだに注すことを推奨するような行為はお止めください。もし、貴方の配布した針を使い、冤罪の方に感染症が発症した場合、責任を取れますか? 冤罪でなくても同じですが。痴漢を防ぐなら針刺以外の方法を模索される方が良いと思います」

 

 この発言について、「痴漢したやつが悪いだろって」「結局他人事。被害者にケチ付けてるだけ」「痴漢擁護してんの?」などと、安全ピンを支持する人らから疑問や批判が次々に上がった。

中には、鍼灸師自身に対して「痴漢やったことあるな?」などと、根拠のない憶測を流すケースも一部であった。

 さらに、鍼灸師が以前経営していた鍼灸院でセクハラのようなことがあったと根拠のないツイートをする人も現れ、鍼灸師について、あるツイッターアカウントは、「性犯罪者」などと罵倒する発言を繰り返した。

 

「チクっと刺すぐらいなら問題ないと考えがちですが…」

 このような誹謗・中傷は、逆に流れを変えた。ネット上で問題視されて、「商売の邪魔するのはダメだろ」「悪ふざけの範疇を越えている」「別に痴漢を擁護してるわけでもないのに」などと、バッシングへの非難の声が相次ぐようになっている。同時に、誹謗・中傷するのは、ある思想的傾向のある人たちだと、一括りにするバッシングも一部で起こっている。

 誹謗・中傷のツイートは、偽計業務妨害罪などに当たるのではないかとの指摘も出て、鍼灸師男性も、6月7日に福岡県警中央署に出向いて相談したことをツイッターで明かした。

 この鍼灸師は13日、J-CASTニュースの取材に対し、「痴漢撲滅に取り組む人たちは、おかしい人だとイメージが付いてしまうとしたら、とてもよくないことだと思っています」と話した。

 自らへの疑問や批判については、「一般の人は、手の皮をチクっと刺すぐらいなら問題ないと考えがちですが、医療関係者が考える危険性と一般の人が考える危険性は違います。揺れている電車の中では、刺す針をコントロールすることもできないでしょう」と反論した。

 ツイッターでは、「私の主張したかったことは『出血を伴う方法で反撃すると、被害者や周囲の人に加害者の血液がつき感染症が拡がる可能性があるから、別の方法を模索しては?』です」などと書いている。特に、エイズの30倍もの感染力を持つというB型肝炎が怖いそうだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00000008-jct-soci

痴漢とはいえ、安全ピンを差すと感染症に掛るおそれがあるので辞めて、別の方法を模索した方がいいというツイートに対して、ものすごい反抗ですよね…。

それほど痴漢を許せない人が多いということなんでしょうね!

私も痴漢は許せませんが、ケガをさせると後々面倒なことにも発展しそうで躊躇…。

 

痴漢に安全ピン反対の鍼灸師のTwitter/ツイートは?


これが問題となったツイートですね。

たしかに感染症が怖いというのと、痴漢は冤罪も多いようですので大変ですよね!

「安全ピンではない他の対策を模索してほしい」という趣旨を主張したに過ぎない人に対して、「痴漢行為を正当化しているのか」と返すなど言いがかりも甚だしい

 

痴漢に安全ピン反対で鍼灸師が炎上騒動!?

「痴漢をする奴が悪いんだから、安全ピンで刺されるくらいは当たり前!」
という考えの方達は、この鍼灸師のツイートに大反発!

警察沙汰になるほどの炎上でした…。

意思表示グッズとして配布する、とあります。

ちゃんと読んでいますか?

まさかとは思いますが、女性が性的被害に合って自身の身を守るために相手を引っ掻いたら、「爪には細菌があるので感染症になったら責任とれるのか?」とでも?

痴漢しなきゃいいのでは。
意思グッズならいいのでは。
つか、ぶっすり刺すわけでもなし、爪でひっかくのと似たようなものだから、リスクは爪でも同じ。
誤認が絶対起こらないという保証はないのだから、どんなに嫌でも痴漢に優しい反撃をしてね、と中高生に言うのも酷。
100人を安全ピンで刺した場合、その内どれほどの人が病気にかかるのかが気になります。
てか、そもそもなんで
針を提供する人に責任を求めてるんですか?
痴漢された!もしくはそう思った人が
針刺したとして感染症広がったとしても
針提供した人が悪いの?刺した人が悪いの?その人達に感染症広がったとしてもその人達に責任を求めるのおかしくないですか?

 

痴漢に安全ピン反対の鍼灸師は偽計業務妨害の被害に


なんでこうなるんでしょうね。

ここまでするのもすごいです。

めちゃくちゃな人もいて、こんなことで犯罪まで犯す人もいるのですが、ツイートをよく読んでいくと鍼灸師の方が何を言いたいのかを理解して味方になっている方の方が多かったです。

 


たしかに何故、

『安全ピンで刺さないで別の方法を~』=『痴漢擁護』『こいつは痴漢だ』

になるのか意味不明ですよね?

理解力は低いけど、妄想力がすごい方が敵になるとおそろしい….。

 

鍼灸師のセンセも日本語すら読めないアホに痴漢擁護のレッテル貼られて大変ですね。
冤罪が怖くて電車やバスに乗れなくなりそうな話題ですね。
面白がった人がこのトピックを見て指す可能性もありますし、東京や大阪の満員電車は怖すぎますよ。
「痴漢は犯罪」という至極当然の前提がある上で「どう退けるべきか」の議論の筈なのに、痴漢予備軍vs痴漢反対派であるかのような構図に仕向けている人間は一度全員黙るべきだと思いますわ。
多分ですが、ある人には1~5までの言い分があったとして、その内のどれか一つでも否定されたら全て否定されたものと感じていられるのではないでしょうか?

そうするとこちらが「1,2はいいけど、4はダメなんじゃない?」と何処に意見をしているか明確にしてあげる必要があるのかもですね?

 

痴漢に安全ピン反対の鍼灸師の主張、真相は?


真相もなにも、痴漢を擁護しているのではないことは明白なのですが、上のツイートを読めばより何を言いたかったのかが理解できると思います^^;

痴漢はダメですね!

でも、痴漢被害に遭った時に100%自分が被害者である為に、痴漢をしてきた加害者に突っ込ませるスキをつくらないようにこちらから報復でケガをさせるのは辞めた方がいいですね!

示談金とか、相手に前科を付けるとかではなく、突き刺すだけで一時的にスッキリしたいだけなら別ですが、自分も加害者として責められないように自己防衛はしておいた方がいいかもしれませんね!

 

痴漢に安全ピンのはじまりは?何故黄色い?


一番最初はこのツイートから始まったようです。

それから5日で3000本用意して、翌日にはこのような騒動も…世の中何が起こるのかわかりませんね^^;